美容外科とエステ脱毛の違いとは?

美女

脱毛したいけど、美容外科とエステ、どっちにしようか悩んでいませんか?

脱毛を考えているけど、美容外科とエステどっちがいいか分からず悩んでいる方が多いようです。

しかし、美容外科とエステの特徴や違いなどが分かったら、今より選びやすくなるかも知れませんね♪

そこで、今回は美容外科とエステの特徴や違い、おススメポイントなどについて紹介したいと思うので、脱毛の際はぜひ参考にしてみて下さい!

脱毛の定義の違い

美容外科でもエステでも、どちらも『脱毛』と言っていますが、同じでしょうか?
それとも、違いがあるのでしょうか?

美容外科脱毛とは?

美容外科脱毛とは、医療レーザー脱毛のことをいいます。
医療レーザー脱毛は、医師の免許なしでは扱うことのできない高出力のレーザーを使って、脱毛施術を行います。

クリニックによって使用している脱毛器機が違う場合もありますが、高出力レーザーなのでその脱毛効果はエステ脱毛より高いと言われています。

また、お医者さんが直接肌の状態を確認し、トラブルの危険性などを最小限に確保した上で施術を施すので、心配性の方でも安心して施術を受けることができます。

医療レーザー脱毛の特徴は、医療行為なため効果は高いけど、どうしても料金が高くなるのと、高出力レーザーで肌へのダメージが心配される所です。

エステ脱毛とは?

エステ脱毛とは、光脱毛のことを言います。
光脱毛も美容外科脱毛と同じくレーザーを使用していますが、その出力には大きな差があり光脱毛の方が断然低いので、医師の免許がなくても脱毛施術を行うことができるのです。

そんな光脱毛の特徴は、料金が安いのと、レーザーの出力が低い分脱毛期間が長くなることです。

美容外科脱毛とエステ脱毛の違い

拡大

美容外科脱毛とエステ脱毛には、いくつかの大きな違いがあります。

レーザーの出力が違う

美容外科で行う脱毛は、医師が高出力のレーザーを使って、ムダ毛再生の元となる毛乳頭を破壊してムダ毛が生えてこないようにしているため、いわば永久脱毛になります。

しかし、エステ脱毛はレーザーの出力が極めて弱いため、毛乳頭を破壊する力がないだけでなく、医師の免許もないのでこの施術は行えません。
つまり、エステ脱毛で永久脱毛は難しいということです。

美容外科の医療レーザー脱毛の場合は、強い波長で一か所に一定のエネルギーを集められるため、その破壊力が強くなりますが…

エステ脱毛のレーザーは、フラッシュライトという断続的な波長になっているため、波長が一か所に集中できず四方八方にバラバラに広がるので、当然その力は弱くなります。

弱い光で毛乳頭を破壊することができないため、ムダ毛が完全に生えないようにはできないのです。

脱毛施術の回数が違う

美容外科の医療レーザー脱毛とエステの光脱毛、この二つの出力が違うため、当然脱毛にかかる時間も違ってきます。

美容外科の医療レーザー脱毛の場合は、クリニックによって多少差は出るものの、ほぼムダ毛がなくなるまでは5~6回の施術、期間として1~1年半で終了が可能です。

それに比べエステ脱毛は、光の出力が弱いため施術にも時間がかかるので、医療レーザ脱毛の5~6回で実感できる効果を得るには12~18回の施術、期間として2~3年くらいかかるのが普通です。

エステ脱毛では、ほぼ毛が目立たなくなる6~8回を終了の目安にしているお店が多く、皮膚への刺激も弱いため、毎月施術することで1年以内に脱毛を終了させられる場合もあります。

施術時の痛みが違う

上で紹介したように、美容外科の医療レーザーの出力はかなり強く、施術時に強い痛みを感じる人も多いです。
ちなみに、経験者の話によると、医療レーザー施術時の痛みは「高熱油が皮膚に当たった感じ」、又は「皮膚が焼かれる感じの痛み」だそうです。
高出力のレーザーで毛乳頭を焼いて破壊するので、やけどの痛みに似ているのかも知れませんね。

一方、エステの光脱毛はその出力が弱く、肌へのダメージがあまりないためほとんど痛みを感じることがないです。
特に痛みに弱い人でも、若干熱いという感覚を覚える程度。
例えるなら静電気や、輪ゴムパッチンのような刺激に近いです。

ただ、痛みは人によって感じ方に個人差がでるので、どっちが確実に痛い・痛くないとは言いきれませんが、もしも我慢できないくらい痛みを感じる場合は、出力を下げたり・美容外科の場合は麻酔をかけたりと、痛みを和らげる方法はあるので、不安がらずすぐに相談することをおススメします(*’▽’)

脱毛料金が違う

美容外科医療レーザー脱毛の場合、高出力で医師による短期間脱毛が可能なため、当然料金も高くなります。
例えば、1ヵ所の部分脱毛だけでもクリニックだと数万円は軽くかかります…

それに比べ、エステの光脱毛は部位によって数百円~1,000円くらいでも無制限脱毛サービスが受けられたり、広い範囲の脱毛でも大体○万円で収まったりするので、かなりお得に脱毛することができます。

接客サービスが違う

美容外科医療レーザー脱毛は、名前通り医師が行う医療行為なので、特にサービスを提供するという感じではなく、淡々と施術をこなすという印象を受けます。
アフターケアもクリニックらしく、皮膚科ででるようなお薬を処方するだけです。

しかし、エステの光脱毛の場合は、お茶や説明など丁寧なサービスを重視した印象です。
また、アフターケアも美容クリニックと違って、美肌を意識した保湿ケアやその他美容液などを提供する所が多いです。

照射範囲が違う

美容外科の医療レーザー脱毛は、一か所に高い出力のレーザーを集中することができるので、まゆ毛やVIOなど狭くてデリケートな部位の脱毛に効果大です。

しかし、エステの光脱毛は照射する光が四方に発散し、1個1個の光の力が弱くなるため、狭い部位の脱毛には結構時間がかかる場合があります。

美容外科脱毛とエステ脱毛結局どっちがおススメ?

眼鏡女子

脱毛の目的や痛みなど、人によってそれぞれ違うので一言でどっちがおススメだとは言いきれません。

ただ、上で紹介した内容をまとめてみると、より自分に合っているのはどっちかが分かるかも知れません。

美容外科医療レーザー脱毛のメリット&デメリット

◎メリット
・脱毛効果が高い
・永久脱毛が可能
・脱毛期間が短い
・医療行為なのでトラブルの処理が安心

△デメリット
・施術が痛い
・肌へのダメージが大きい
・料金が高い

エステの光脱毛のメリット&デメリット

◎メリット
・料金が安い
・ほとんど痛みがない
・美肌効果が高い
・肌にやさしく、ダメージが少ない
・接客対応が丁寧
・サービスが良い

△デメリット
・脱毛終了まで時間がかかる

いかがでしたでしょうか~
ここまでまとめると、どっちがより自分に合っているか一目瞭然ですよね(*’▽’)

安くて痛みのない脱毛をしたいならエステ脱毛♪
痛いけど高い脱毛効果を期待するなら医療レーザー脱毛♪

気になる方は、ぜひ無料カウンセリングでより詳しく聞いてみましょう(*’▽’)